お中元・お歳暮をやめたい時は?どうやって断る?お礼状の文章例は?

お中元・お歳暮って、贈るのをやめたいと思っていても、やめるのには勇気がいりますよね。

今後の付き合いにも影響してしまいそうで、やめるにやめれず、続けている人もいるのではないでしょうか。

今回は、お中元・お歳暮のやめ方や断り方などのマナーについて調べました。


お中元・お歳暮をやめたい時は?

今回から贈るのをやめたい場合

「贈るのをやめます」という挨拶状などは送らず、品物を贈るのをやめてしまいましょう。

贈っていないのに先方から届いてしまった場合は、お礼状を書き、

お礼状に、今後の贈答を辞退したい旨を書き添えましょう。

フェードアウトして、贈るのをやめたい場合

STEP1. お中元をやめて、お歳暮だけにします。

STEP2. お歳暮の金額を少し下げます。

STEP3. お歳暮もやめてしまいます。

贈るのを完全にやめてしまうのはちょっと気が引ける場合

お中元・お歳暮としてではなく、お年賀・お土産など別の名目にして、品物を贈るようにしましょう。

親しい間柄で、贈るのをやめたい場合

「長い付き合いだし、お互い様なので、お中元・お歳暮のやり取りは、やめにしませんか?」

などと、提案してみましょう。


お中元・お歳暮はどうやって断る?

お中元・お歳暮を贈るのをやめたい場合は、自分が贈るのをやめてしまうのが有効な方法ですが、
お中元・お歳暮を贈られる場合も困ったものです。

もらった以上は、「何かお返しをしなくては」という気になってしまいますし、
お返しをしてしまうと、また次回も同じようにやり取りが続いてしまいます。

お中元・お歳暮を断る方法としては、

お中元・お歳暮への「お礼状」を書き、お礼状に、今後の贈答を辞退したい旨を書き添えましょう。


お中元・お歳暮を断る時のお礼状の文章例は?

拝啓 盛夏の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。
このたびは結構なお心遣いのお品をいただき、ありがとうございました。
私共の方こそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じます。
今後はこのようなお心遣いはなさいませんよう、お願い申し上げます。
〇〇様も時節柄、ご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。
略儀ながら書面をもって、お礼とお詫び申し上げます。  敬具


お中元・お歳暮をやめるのは勇気がいるかもしれませんが、

違う形ででも、感謝や敬意の気持ちを伝えるようにすれば、相手も不快には感じないものです。

失礼のないように気を付けつつ、勇気を出して伝えてみましょう。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする