新幹線は乗車券だけで乗れる?特急券との違いは?購入方法は?

新幹線を使うと、遠くの街まで短時間で行くことができて、とても便利ですよね。

でも、新幹線って頻繁に乗るわけではないので、
切符を買うときや乗るときに戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。

今回は、新幹線の基本的な知識についてまとめました。


乗車券とは?

普段、電車に乗るときには、切符を買いますよね。

この切符ですが、正式には、「乗車券」といいます。

乗車券とは、「電車で目的地まで運んでもらうための券」です。

乗車券を買う時に支払うお金は、電車で目的地まで運んでもらうための料金ということです。


新幹線は乗車券だけで乗れる?

では、乗車券を買えば、新幹線に乗ることができるのでしょうか?

結論から言うと、乗車券だけでは新幹線に乗れません。

乗車券は「電車で目的地まで運んでもらうための券」ですが、

乗車券で乗ることができるのは、普通列車だけです。

普通列車とは、追加料金なしで乗ることができる列車のことです。

追加料金を払えば、色々なオプションサービスを利用することができます。

オプションサービスとは?

  • 追加料金を払うことで、早く移動できる。
  • 列車には、乗車券だけで乗れる普通列車以外に、
    普通列車よりも早く目的地に到着する、
    「急行列車」や「特別急行列車(特急)」があります。

    急行列車に乗るためには、「乗車券」と「急行券」が、
    特別急行列車に乗るためには、「乗車券」と「特別急行券(特急券)」が必要です。

    新幹線は特別急行列車の一種なので、「乗車券」と「特急券」が必要になります。

  • 追加料金を払うことで、座席を確保できる。
  • 新幹線など、一部の列車には、追加料金を払った人しか座れない「指定席」があります。

    指定席に座るためには、「乗車券」と「指定席券」が必要です。

  • 追加料金を払うことで、良い座席に座れる。
  • 新幹線など、一部の列車には、設備が豪華で座席も広い「グリーン車」という車両があります。

    グリーン車に乗るためには、「乗車券」と「グリーン券」が必要です。

改めて、乗車券と特急券との違いを書いておくと、

目的地まで運んでもらうための券=乗車券
普通列車よりも早く目的地に到着する特別急行列車に乗るための券=特急券

ということです。


新幹線の切符の購入方法は?

新幹線の切符は、以下の場所で購入できます。

  • JR駅のみどりの窓口
  • JR駅の指定席券売機
  • JTBなど主な旅行会社
  • 金券ショップなど

新幹線の切符購入に慣れていなければ、JRの駅に行って、

みどりの窓口で買うのが、一番わかりやすいです。

窓口の人が、必要なことをすべて聞いてくれます。

  • 新幹線に乗る区間(例:東京から大阪まで)
  • 新幹線に乗る時間(例:午前10時台の新幹線)
  • 座席の種類(例:指定席)
  • 禁煙席or喫煙席
  • 窓側の席or通路側の席

と、こんな感じです。

新幹線の座席は、3種類あります。

  • グリーン席:「乗車券」+「特急券」+「グリーン券」が必要。
  • 指定席:「乗車券」+「特急券」+「指定席券」が必要。
  • 自由席:「乗車券」+「特急券」が必要。

わからないことを聞くのは恥ずかしいものですが、

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言いますので、

わからないことがあれば、素直に聞いちゃいましょう。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする