鯉のぼりはいつ片付ける?片付け方や洗濯方法は?破損したときは?

こどもの日に飾る鯉のぼり。

子供が喜ぶので、いつまでも出しておきたいところではありますが、

鯉のぼりって、いつまでに片付けるんでしょうか?

片付ける時期や、洗濯、保管など、鯉のぼりについて調べました。


鯉のぼりはいつ片付ける?

ひな祭りのひな人形の場合は、早く片付けないとお嫁に行き遅れる、

という言い伝えがあるので、ひな祭りの翌日や啓蟄(けいちつ)の6日に片付けます。

では、鯉のぼりも、こどもの日が過ぎたら早く片付けないと婚期が遅れる、

という言い伝えがあるのでしょうか?

実は、鯉のぼりを片付ける時期には、特に決まりはありません。

地方によっても違いがあり、

こどもの日が過ぎたら出世に響くからと、すぐに片付けるところもありますし、

長いところでは、5月下旬まで飾っていたりします。

多くの場合、5月中旬くらいまでのようです。


鯉のぼりの片付け方は?

鯉のぼりを片付ける時に、湿気は厳禁です。

できるだけ湿度の低い、乾燥した晴れの日に片付けましょう。

天気が悪く湿った日だと、鯉のぼりにカビが生えたり、色移りしたりの心配があります。

また、片付ける時期に決まりはありませんが、のんびりしていると、

梅雨のシーズンになってしまい、片付けるタイミングが難しくなります。

片付ける時期に悩んでしまった場合は、

近所の鯉のぼりの様子を見て、同じタイミングで片付けてしまう、

というのも一つの方法ですね。

鯉のぼりは、見た目はきれいに見えても、ホコリや花粉などで結構汚れています。

あまり気にならない程度なら、そのまま片付けても良いですが、
固く絞った雑巾で両面を拭くか、水洗いします。

湿気が残っているとカビの原因になるので、しっかり乾燥させます。

鯉のぼりのたたみ方

 STEP1.   

鯉のぼりの口に入っているワイヤーが変形しないように気をつけ、
輪っかが上を向くように平らにしてやります。

 STEP2.   

鯉のぼりの口の大きさに合わせて、
胴の部分の上下(背中とお腹)を細長くなるような感じで折ります。

 STEP3.   

口の輪っかを尻尾に向けて、折りたたんでいきます。

 STEP4.   

鯉のぼりを立てていたポールは、しっかり拭いてやり、
矢車や滑車は、油を差してから片付けます。


鯉のぼりの洗濯方法は?

鯉のぼりを洗うときは、必ず手洗いをします。

口の金具が壊れてしまうので、洗濯機はダメです。

鯉のぼりの洗い方

 STEP1.   

浴槽に中性洗剤を溶かしたぬるま湯を入れ、30分くらい、つけ置きをします。
汚れがひどいところがあれば、そこだけもみ洗いします。

金箔が使ってあるところは、もんだりこすったりすると、剥がれてしまうことがあるので、
そっと洗うか、できれば触らないようにします。

 STEP2.   

洗剤の泡が出なくなるまで、しっかり水洗いをします。
水洗いの時も、こすったりはせず、押し洗いで優しく洗います。

 STEP3.   

干す時ですが、絞ると布地が傷んだり、金箔が剥がれたりするので、
そのまま広げて陰干しします。

アイロンはかけられないので、干す時に優しくシワを伸ばしておきます。

下に水が垂れてくるので、タオルや新聞紙などを敷いておきます。

ポリエステル製は色落ちしにくいのですが、ナイロン製は色落ちしてしまうことがあります。

重なった状態で干すと、色移りすることがあるので、注意しましょう。

 STEP4.   

しっかり乾いたことを確認してから、たたんで片付けます。

ポリエステル製やナイロン製なら、防虫剤はなくて大丈夫ですが、

防湿剤は入れておいた方が良いです。


鯉のぼりが破損したときは?

鯉のぼりが破損してしまったときは、購入した店で相談してみましょう。
メーカーで部品の交換や修理をしてもらえることがあります。

鯉のぼりは、ポリエステル製のもので5~8年、
ナイロン製のもので3年くらいで、
色落ちし始めたり、布地が傷んできたりします。

裂けたり破れたりしてしまって、縫って直せないくらいになってしまったら、
単品で買い換えることもできます。


少し手間はかかりますが、鯉のぼりを長く使うためにも、
メンテナンス&片付け、頑張りましょう。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする