カタツムリとナメクジの違いは?殻を取ったらどうなる?

雨の日によく見かけるカタツムリ。

カタツムリとナメクジって似てますが、どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、カタツムリとナメクジの違いについて調べました。


カタツムリとは?

カタツムリとは、巻貝の一種で、海に生息せず、陸に生息する巻貝を持つ種類の通称です。

陸に生息している、似たような巻貝を背負った生き物を、まとめて「カタツムリ」と呼んでいます。

また、フランス料理でお馴染みのエスカルゴも、カタツムリの一種です。

カタツムリの体は、乾燥にとても弱く、湿気がないと生きていけません。
そのため、体はヌメヌメしたもので覆われています。

暑さや寒さにも弱く、冬は殻にこもって冬眠します。
寿命は1年~4年くらいです。

カタツムリに塩や砂糖をかけると、体内の浸透圧に変化が生まれ、外に水分が出てしまいます。
この「体内の水分が出た状態」が、いわゆる「溶けた」状態です。


ナメクジとは?

ナメクジは、カタツムリの一種で、陸に生息する巻貝のうち、貝が退化した種類の通称です。

陸に生息している、貝が退化した生き物を、まとめて「ナメクジ」と呼んでいます。

ナメクジの体は、乾燥にとても弱く、湿気がないと生きていけません。
そのため、体はヌメヌメしたもので覆われています。

暑さや寒さにも弱く、冬は落ち葉などの下に隠れて冬眠します。
寿命は1年~3年くらいです。

カタツムリと同様に、ナメクジに塩や砂糖をかけると、
体内の浸透圧に変化が生まれ、外に水分が出てしまいます。
この「体内の水分が出た状態」が、いわゆる「溶けた」状態です。


カタツムリとナメクジの違いは?

カタツムリとナメクジの違いは、「殻があるかないか」です。

外見が似ているため、ナメクジが成長すると殻が生えて、
カタツムリになると勘違いしている人もいるほどです。

ナメクジはカタツムリの成長前の姿ではないので、成長しても殻は生えません。

ナメクジは成長してもナメクジのままで、カタツムリになることはありません。


カタツムリの殻を取ったらどうなる?

では、カタツムリの殻を取ってしまえば、ナメクジとなるのでしょうか?

カタツムリにとって殻は体の一部で、中には内蔵が入っているため、
無理やり殻を取ってしまえば、カタツムリは死んでしまいます。

カタツムリも同じく、成長しても、カタツムリのままです。

殻が取れてナメクジになることはありません。


まとめ

  • カタツムリもナメクジも、同じ陸貝の仲間で、違いは殻があるかないか
  • ナメクジは、カタツムリが殻をなくす退化をした生き物
  • カタツムリの殻は体の一部で、中には内蔵が入っているため、取ると死んでしまう
  • ナメクジには小さな殻が体に埋まっている種類もいて、内蔵は体の中にある
  • カタツムリはナメクジにならないし、ナメクジもカタツムリにならない

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする