ボードゲームの人気ランキング!おすすめベスト20

ボードゲーム会を主催したり、色々なお店で遊んだりする中で、
よく遊ばれている人気のボードゲームをランキングにしました。

ボードゲームを選ぶ際の参考にどうぞ!


1位

目次

カタンの開拓者たち(Die Siedler von Catan)

無人島の開拓競争!必要な資源を集めるための対戦相手との交渉が面白い!

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約60分
対象年齢 8歳以上
販売元 ジーピー
JANコード 4543471002174
参考価格 4,104円
世界のボードゲームの中で2000万個以上の販売数を誇る超大ヒットゲーム!
シリーズの基本となるスタンダード版です。
カタンという無人島を舞台に、拠点となる開拓地(家)を建ててそこから島全体を開拓していきます。
対戦相手との開拓競争で、最初に10点取った人が勝者になります。
具体的には、サイコロによって獲得した資源で開拓地を建てていきます。
必要な資源が集まらない時は対戦相手と資源の交換をしましょう。
積極的にコミュニケーションをとることでゲームを有利に進めることができます。
小学生から遊べるほど簡単なルールでありながら、大人もハマるボードゲームの決定版です!
【特徴1】 このゲームはマップを変えることができるので、毎回違う展開が楽しめます。
【特徴2】 資源の交換を通して会話を楽しむことができます。この会話はアナログゲームだからこそ味わえることの1つで、相手との親密度が深まりゲームが盛り上がります。
【特徴3】 資源を交換してもらうためには自分も協調する必要があります。
相手とのバランスを見ながら物事(ここではゲーム)を進めていくことは、教育の重要な要素の1つです。
またサイコロやポイントの計算などで簡単な計算力も養うことができます。
※「カタンの開拓者たち スタンダード版」からパッケージ、タイル、ダイスの色、カードのデザインがリニューアルした改訂版です。
ジーピーから発売されたカタンシリーズの各拡張版と組み合わせ可能です。


2位

カルカソンヌ(Carcassonne)

限られたコマで効率よく地形を占有しよう!

プレイ人数 2~5人
プレイ時間 30~45分
対象年齢 8歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4580215110269
参考価格 3,800円
地形タイルと、コマを配置して得点を重ねていくゲームです。
手番になったら、伏せてあるタイルを1枚引き、それをすでに並べられているタイルにつなげて配置します。
この時、タイルに描かれている地形が連続するなら、どこでも配置することができます。
また、このとき自分のコマを配置したタイルのどこかに置くことができます。
コマを置く場合にはどこに置くのか明確にする必要があります。
置ける場所は、「街」「道」「修道院」「草原」のどこかです。
また、いったん置いたコマは、得点計算がされるまで、回収できません。
コマの数には限りがありますので、得点計算のタイミングも考慮する必要があります。
街や道は、それが完成した時点で得点計算が行われます。
道は比較的簡単に完成しますが、高得点は望めません。
街は、高得点の可能性はありますが、なかなか完成しません。
また、未完成のままゲームが終了すると、得点が半分しか得られません。
修道院も高得点が期待できますが、周りをすべてタイルで囲まなければなりません。
草原は、一番高得点が期待できる場所です。
しかし、ゲーム終了時まで得点計算は行われません。
草原に置いたコマは、再利用の可能性はなくなるのです。
簡単で、わかりやすいゲームですが、いろいろと悩ませてくれます。


3位

宝石の煌き(Splendor)

どの宝石を集めるかが運命の分かれ道。必要な宝石を効率よく集めるのは誰?

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約30分
対象年齢 10歳以上
販売元 ホビージャパン
JANコード 3558380030041
参考価格 5,400円
ルネッサンス期における、偉大なる宝石商たちの物語。
このゲームでは、プレイヤーは商人ギルドの長となり、資産を使って鉱山に投資し、
自分の船を新世界へ送り出し、優秀な職人たちを雇い、原石を美しい宝石へと磨き上げるのです。
商業帝国を作り上げ、莫大な資産を持つ後援者を得て、栄光と名声を勝ち取ってください。
ゲーム中、プレイヤーは宝石や黄金のトークンを獲得します。
このトークンで発展カードを購入し、そこから威信ポイントやボーナスを受け取ります。
このボーナスにより、プレイヤーは後の発展カードを安く購入できるようになります。
ボーナスが増えることで、貴族の訪問を受けることもあります(これも威信ポイントになります)。
いずれかのプレイヤーが15威信ポイントを得た時点で、そのラウンドの終了時に最も威信ポイントの高いプレイヤーが勝者となります。
簡単なルールとプレイ時間の短かさに加え、深い戦略性で、1回プレイするとすぐにもう1回プレイしたくなる、傑作ゲームです。


4位

6 ニムト(6 nimmt!)

牛を引き取らないようにカードを出そう!大人数でも遊べる人気のパーティゲーム。

プレイ人数 2~10人
プレイ時間 30分
対象年齢 8歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4007396201550
参考価格 1,200円
テーブルの中央には4列でカードが並べられています。
手札から任意の一枚を伏せて前に出します。
全員揃ったらいっせいに表にします。
表にしたカードに書かれた数字の小さい順に、カードの列の後ろに並べます。
列の最後尾のカードが、並べるカードの数字より小さくて、一番近い列に置きます。
ただし、それぞれの列は5枚までしか並べることができません。
自分のカードが6枚目のカードになってしまったら、その列にある5枚のカードを受け取って(これが失点になります)、自分の出したカードをそこへ置きます。
つまり、自分が伏せて出したカードが列の6枚目になると失点になります。
例えば、すでに4枚並べられている列の最後尾のカードが「25」で、自分が伏せて出したカードが「29」だとします。
「26」~「28」のカードが出ていなければ、この「29」は「25」の次に並べるだけです。
もし、他の人が「27」のカードを出していれば、「27」がこの列の5枚目のカードとなり、「29」が6枚目のカードになってしまいます。
この列の5枚のカードを失点として受け取らなければなりません。
しかし、「27」のほか「26」も出ていれば、「26」が「25」の次に5枚目のカードとして置かれ、「27」を出した人が6枚目になるカードを出してしまったので、この列の5枚を失点として受け取り、代わりに「27」を置きます。
「29」は「27」の次に並べるだけです。失点は免れたというわけです。
絶対6枚目になって失点になるとあきらめて出したカードが、失点にならなかったり、安心して出したカードが列の6枚目のカードになったり、ドキドキわくわくする楽しいゲームです。
びっくりするようなドラマが生まれることもあります。
運がすべてのゲームではありませんが、ゲームがうまいからといって必ず勝つとも限りません。
ルールのわかりやすさ、ゲームの楽しさ、4人~10人まで何人で遊んでも面白く遊べる(2人または3人の場合は少し工夫か必要です)、などカードゲームならナンバーワンです。


5位

ラブレター(Love Letter)

手軽に遊べるけど、奥深いカードゲーム!

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 5~10分
対象年齢 10歳以上
販売元 アークライト
JANコード 4542325210116
参考価格 1,998円
エッセンシュピール2013で話題の中心となり、日本人ゲームデザイナーが世界で注目される先駆けとなった作品『ラブレター』(カナイセイジ作)が、満を持してアークライトゲームズから登場!
2012年日本ボードゲーム大賞で大賞受賞、2013年ゴールデンギーク賞でなんと4部門同時受賞という快挙を達成!
手軽なゲームながら、今日本が、そして世界がもっとも注目しているゲームです。

●『王』『王子』『姫(ショート)』『姫(メガネ)』『伯爵夫人』『女公爵』といた追加カードが収録され、
これらをゲームカードと入れ替えて遊ぶことで、バリエーションが広がります。
●カードルールを覚えてしまった方や、雰囲気をより重視する方のために、
テキストを含まずイラストの大きい『テキストレスカード』が全てのカードに対して収録されています。


6位

ドミニオン(Dominion)

自分のデッキを強化して王国を発展させよう!成長型カードゲームの定番作。

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約30分
対象年齢 14歳以上
販売元 ホビージャパン
JANコード 4981932023069
参考価格 4,860円
ドミニオンとは、領土のこと。
プレイヤーは中世欧州の小王国の領主となり、自分の領土を他のプレイヤーと競いながら拡大していくことが目的。
このゲームでは、自分のデッキが自分の領土(ドミニオン)を表します。
プレイヤー全員は、「銅貨」と「屋敷」しかない小さなデッキを持ってスタート。
これを元手に様々なカードを購入し、入手したカードの能力を駆使して自分のデッキを強化しながら領土を拡大していきます。
そして、ゲーム終了時点で、自分のデッキ内の「勝利点」が最も多いプレイヤーがゲームの勝利者です。


7位

犯人は踊る

犯人だと他の人に見抜かれないように・・!

プレイ人数 3~8人
プレイ時間 10~20分
対象年齢 8歳以上
販売元 すごろくや
JANコード 4571345800175
参考価格 1,296円
家族や友達とすぐに遊べる!
ミステリーな雰囲気のカードゲームです。
犯人カードを持っている人が事件の犯人です。
あなたは探偵カードや犬カードで犯人を追い詰めます。
でも、ふと気がつけば実はあなたが犯人・・・
絶対に他の人に見抜かれてはいけません。
最後までバレなければ犯人の勝利です。


8位

ハゲタカのえじき(Hol’s der Geier)

数字比べで熱い駆け引きを楽しもう!

プレイ人数 2~3人
プレイ時間 約20分
対象年齢 8歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4580215110139
参考価格 1,500円
ロングセラーのカードゲームです。
1988年のゲーム大賞にノミネートされています。
各プレーヤーは、1から15までのカードを1枚ずつ持っています。
-5~+10のハゲタカカードをよく混ぜて、テーブルの中央に置きます。
ハゲタカカードの山の一番上を表にし、各プレーヤーは手札から1枚選んで自分の前に出します。
すべてのプレーヤーが出したら一斉にそれを表にします。
ハゲタカカードは得点カードです。
ハゲタカカードがプラスの場合は一番大きな数字を出している人が取れます。
ただし、同じ数字を出している人がいる場合には、それらの人は取れません。
その次に大きな数字を出している人が取れます。
つまり「単独で一番大きな数字」を出している人が取ります。
ハゲタカカードがマイナスの場合は、一番小さなカードを出している人が取らなければなりません。
ただしこの場合も、同じ数字を出している人がいれば取る必要はありません。
「単独で一番小さな数字」を出している人が取らなければなりません。
たったこれだけのルールですが、波長が合いすぎる人がいると、なかなかハゲタカカードが取れません。
他の人と違うカードを出そうとすればするほど、同じカードを出してしまうのです。


9位

ごきぶりポーカー

うそがバレないように嫌われ者のカードを押し付けよう!

プレイ人数 2~6人
プレイ時間 20~30分
対象年齢 8歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4001504871260
参考価格 1,800円
登場する嫌われ者は、コウモリ、ハエ、ネズミ、さそり、ゴキブリ、カエル、クモ、カメムシです。
カードはすべて伏せて配りきります。
それぞれのプレーヤーは、その内容を見ずに自分の前に山にして置いておきます。
スタートプレーヤーは自分の前のカード1枚を取り、その内容を確認してから、誰か1人にそのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言して(本当のことを言っても良いし、うそをついても良い)、そのカードを伏せたまま渡します。
渡された人は、二つの選択肢があります。
宣言が本当かどうかを答えてそのカードを表にするか、黙って受け取り、自分だけで内容を確認して、まだこのカードの内容を知らない別の人に同様に、そのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言してカードを渡します。
宣言が本当かどうかを答えて、カードを表にした場合には、合っていたら(「本当」といってカードと宣言が同じ、または「うそ」といってカードと宣言が違う場合)、宣言した人に戻しその人の前に表にして置きます。
答えが間違っていたら、引き取って自分の前に表にして置きます。
そして、カードを自分の前に表にして置いたプレーヤーが新たなスタートプレーヤーとなって、ゲームを続けます。
なお、渡されたカードを確認して別の人に渡す行為は、ほかの人全員がそのカードを見てしまっている場合にはできません。
この場合には、必ず答えなければなりません。
自分の前に、同じ嫌われ者が4枚表になるか、自分の山がなくなって、スタートプレーヤーになったとき、ゲームが開始できなくなったら負けです。
前半は、宣言が本当かどうかは、顔色と宣言した人の人間性しか根拠はありませんが、後半は、4枚目のカードをどう取らせるかで、激しい駆け引きが行われます。
単純ですが、ニタッと笑えるブラフゲームです。


10位

バトルライン(Battle Line)

何度でも楽しめる戦略系ボードゲーム!

プレイ人数 2人
プレイ時間 約30分
対象年齢
販売元 クロノノーツゲーム
JANコード 4562440390098
参考価格 2,700円
このゲームは二人が向かい合って行う対戦型カードゲームです。
二人の間には「バトルライン」と呼ばれる一列に並んだ駒(戦場)があり、カードをプレイすることによってこの駒を獲得することをゲームの目的とします。
3つ連続した駒を獲得したプレイヤー(いなければ駒を多く獲得したプレイヤー)が勝利します。
プレイしたカードの強さを決めるにはポーカーのようなルールが適用されます。
すなわち、6色の1~10までの部隊カードを各駒に3枚ずつプレイして役(陣形)を作るのです。
役の強さは、ストレートフラッシュ>3カード>フラッシュ>ストレート>ブタです。
同じ役ならば、数字の大きい方が勝利します。
また、部隊カードは一枚ずつプレイしていきます。
これらの部隊カードの他に、特殊能力を発揮出来る戦術カードというものがあり、プレイヤーはカードを補充する際にどちらを引くか選べます。
戦術カードは、役を無効にしたり(霧)、ワイルドカードになったり(英雄2人)、既にプレイしたカードを移動させたり(配置転換)と強力な特殊効果を発揮します。
ただし、このカードは一つの戦場につき、相手のカード+1枚までしかプレイ出来ません。
戦術カードは全部で10枚(10種類)あります。


11位

ディクシット(Dixit)

全員に意図が伝わるフレーズを考えるのが楽しいコミュニケーションゲーム

プレイ人数 3~6人
プレイ時間 30分
対象年齢 8歳以上
販売元 ホビージャパン
JANコード 3558380011682
参考価格 4,860円
『ディクシット』は、さまざまな絵柄のカードを見て、語り部(かたりべ)役の人が連想した「印象ワード」の元になっているカードを推理し、得点を稼いでいくゲームです。
「わかるわかる!」「どうしてそういう風に見えるんだろう?」など、他の人の「世界の見え方」に驚きつつも、理解が深まるおすすめのゲームです。
意味深で物語性を感じさせるイラストの大きなカードが、見方によって多様な解釈が可能なところがポイント♪
語り部役はほどよく全員に意図が伝わるフレーズを考えるのが悩ましくも楽しく、センスの発揮しどころです。
応用ルールには言葉によるフレーズではなく、歌やジェスチャーで自分のカードを表現するといった方法もあります。
簡単なルールで、メルヘンチックなカードイラストと、かわいいウサギコマを使って老若男女で楽しく遊べる、コミュニケーションパーティゲームです!


12位

街コロ(Machi Koro)

効率よく資金調達して自分の街を発展させよう!

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約30分
対象年齢 7歳以上
販売元 グランディング
JANコード 4560463140010
参考価格 3,600円
とある企業のオーナーになってライバルよりも早く自分の街を発展させろ!
コインを集めて建設中のランドマークすべてを完成させれば君の勝利だ!


13位

コヨーテ(Coyote)

他のプレイヤーのカードの数字を頼りにカードの数字の合計を推理しよう!

プレイ人数 2~10人
プレイ時間 15~30分
対象年齢 10歳以上
販売元 ニューゲームズオーダー
JANコード 4562365270253
参考価格 1,800円
自分のカードだけがわからない!
おバカだけど考えさせるパーティ推理ゲーム登場。
「ファブフィブ」の作者、スパルタコ・アルベルタレッリのもう一つの代表作、「コヨーテ」が小箱サイズで日本語版になりました。
プレイヤーは各自一枚の数字カードを引き、「自分にだけ見えないように」持ちます。
まず一人が、他のプレイヤーのカードの数字を頼りに、全員が持っているカードの数字の合計を推理して、それを超えないと思う数を言います。
時計回りにだんだん大きい数を言っていくのです。
右隣のプレイヤーの言った数が大きすぎると思ったら数ではなく「コヨーテ!」と叫んで、全員のカードを真ん中に出し、計算して答え合わせします。
右隣のプレイヤーの言った数がカードの合計を超えていたらそのプレイヤーの負け、超えていなければ「コヨーテ!」を言ったプレイヤーの負けです。
3回負けたら脱落、最後に残った人の勝ちです。
アートワークは、「ファブフィブ」「ナゲッツ」に続き、気鋭のデザイナー集団「タンサンファブリーク」が担当しています。


14位

ブロックス(Blokus)

角と角を繋ぐだけの簡単な陣取りゲーム!

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 20~30分
対象年齢 7歳以上
販売元 マテル
JANコード 0746775363840
参考価格 3,024円
「ブロックス」は、タイルを角が接するように置いていくロジカルなゲームです。
・タイルを角が接するように置いていくロジカルなゲームです。
・賢い人ほど勝てる!
・世界中の玩具祭を席巻し、賞を総なめしたフランス生まれのテリトリー戦略ゲーム!
・ピースを途切れないように盤へと置いていき、最後にたくさんピースを置けた人が勝利!


15位

ガイスター(Geister)

全ての行動が騙し合い?駆け引きが楽しい2人用ボードゲーム

プレイ人数 2人
プレイ時間 10~20分
対象年齢 8歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4580215110153
参考価格 2,800円
2人で遊ぶ、単純ですが、面白いゲームです。
互いに8個のオバケのコマを持ちます。
このうち4個は良いオバケで、残り4個は悪いオバケです。
良い、悪いはオバケのコマの背中につけたマークで見分けますので、自分のオバケはわかりますが、相手のオバケはわかりません。
決められた8箇所全てに自分のオバケを適当に配置して、ゲームスタートです。
順番に自分のオバケ1個を前後左右に一マス移動させて、相手の番になります。
もし移動した先に相手のオバケがいればそれを取ります。
コマの数に比べて狭いゲームボードですので、相手のオバケを取るのはそれほど難しくありません。
ゲームに勝つには3つの方法があります。
1.相手の良いオバケ4個全てを取る。
2.相手が自分の悪いオバケ4個全てを取ってくれる。
3.相手の陣の角にある出口から自分の良いオバケを脱出させる。
相手のオバケを取るのは、それほど難しいことではありませんが、取ってよいかどうかは相手の様子で判断します。
取って欲しそうなのか、取られたくなくて逃げ腰なのかです。
もちろん、それらもブラフかもしれません。
分かりやすいシンプルなルールですが、お互いの駆け引きが楽しいゲームです。


16位

お邪魔者(Saboteur)

仲間の中に裏切り者がいる!金塊掘りとお邪魔者の正体隠匿系対戦ゲーム。

プレイ人数 3~10人
プレイ時間 30分
対象年齢 8歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4580215110030
参考価格 1,500円
プレーヤーはドワーフの金鉱堀です。
ただし、その中の何人かはお邪魔者です。
ゲームのはじめにキャラクターカードが配られます。
これにより誰かがお邪魔者になるのですが、誰だか互いには分かりません。
ゲームは、通路カードをスタート位置から配置して、奥の金鉱に届かせようとします。
手番には通路カードを配置する代わりに、他のプレーヤーの手番を邪魔するカードをプレイすることもできます。
邪魔をするカードがプレイされたプレーヤーは、それを取り除くカードがプレイできるまで、通路カードの配置ができません。
その他、すでに配置された通路カードを取り除くことのできるカードもあります。
これは、必ずしも金鉱堀の邪魔とは限りません。
行き止まりカードを取り除くこともできるのですから。
また、奥の金鉱カードのうち1枚は本当の金鉱ですが、残り2枚は偽物です。
これらのカードのうち一枚をそっと見れるカードもあります。
スタート位置から本物の金鉱まで通路が完成できたら、金鉱堀全員で出てきた金を山分けします。
もちろん最後の通路を完成した人が一番有利に分けます。
もし、すべてのカードをプレイして、まだ通路が完成しなかった場合には「お邪魔者」の勝ちです。
お邪魔者が金を獲得します。
プレイ人数によっては、複数のお邪魔者がいます。
誰が本当のお邪魔物かよく見分けないと、味方同士でプレイの邪魔をすることになります。
お邪魔者もあまり露骨に邪魔をすると、通路カードがプレイできないようにされてしまうかもしれません。
互いに疑心暗鬼になるゲームです。
また、金鉱堀も、できれば仲間を出し抜いて、自分が最後の部分を完成しようとします。
これがまた、完成できない元になったりします。
仲間を信じて協力して金を目指してください。
何ゲームか行って、最も多くの金を獲得したプレーヤーの勝ちです。


17位

ワードバスケット(Word Basket)

スピードとボキャブラリーが必要なしりとりゲーム。

プレイ人数 2~8人
プレイ時間 約10分
対象年齢 10歳以上
販売元 メビウスゲームズ
JANコード 4580215110054
参考価格 1,500円
「しりとり」がカードゲームになりました。
しりとりといっても子供ゲームではありません。
箱の中にあるカードの文字で始まり、自分の持っているカードの文字で終わる3文字以上の言葉を考え、思いついたらその言葉を言いながら該当するカードを箱の中に投げ入れます。
その瞬間からすべてのプレーヤーは新しい箱の中の文字で始まり、自分の持っているカードで終わる言葉を考えるのです。
このゲームには順番はありません。
思いついたらどんどん言葉を言ってカードを箱に投げ入れます。
最初に手札をすべてなくしたプレーヤーの勝ちです。
ボキャブラリーを試されるゲームです。
子供には、使える言葉を2文字以上にすれば一緒に遊ぶこともできます。


18位

パンデミック:新たなる試練(Pandemic)

勝つのは病原体?それとも人類?多人数協力型ボードゲーム。

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約45分
対象年齢 13歳以上
販売元 ホビージャパン
JANコード 4981932021317
参考価格 4,320円
人類の命運は君達の手にゆだねられた!
話題沸騰のウイルス撲滅ボードゲームがリニューアルして登場!
発売以来世界中で大ブームを起こしている多人数協力型ウイルス撲滅ボードゲーム「パンデミック」が、装いも新たに登場!
パンデミック(pandemic)とは、ある感染症や伝染病が世界的に流行することを表す用語である。
このゲームは世界中に拡大しようとする感染症の根絶をテーマにしている。
プレイヤーは医者や科学者となり、世界中の各都市で研究所を建設し、
世界中に発生した人類の生命に関わる4種類の病原菌による感染症の治療を行い、拡大を防いでいく。
しかしちょっと手を抜くとたちまち病原菌は広がり、ゲームオーバーとなってしまう。
このゲームは、プレイヤー同士で協力して4種の病原菌に対応するワクチンすべてを発見できればプレイヤーチームが勝利する、多人数協力型ゲームだ。


19位

コードネーム

スパイマスターのヒントを手掛かりに、味方のエージェント全員を探し出そう!

プレイ人数 2~8人
プレイ時間 約15分
対象年齢 14歳以上
販売元 ホビージャパン
JANコード 4981932022284
参考価格 3,240円
極秘任務:スパイマスターのヒントを手掛かりに、敵対組織より先に味方のエージェント全員と接触せよ!
2つの敵対するスパイ組織がある。
各組織のスパイマスターは、25人のエージェント全員の正体を知っている。
君たち現場諜報員は、エージェントたちのコードネームしか知らない。
君たちの目的は、相手の組織よりも先に味方のエージェント全員とコンタクトを取ること。
スパイマスターは、自分の組織のエージェントのコードネームに関するヒントとして、単語1つだけを言うことができる。
1語で複数のコードネームのヒントを表現することも可能だ。
これを手掛かりに組織の部下たちは、敵のエージェントに接触することなく、味方のエージェントを探し出さなければならない。
ただし、1人だけ紛れている「暗殺者」には絶対に触れてはならない。
「コードネーム」は、ヒントから正解の言葉を見つける、勝っても負けても楽しめるパーティゲームです。


20位

スカル(Skull)

ドクロはどこにある?駆け引きが面白い心理戦ゲーム。

プレイ人数 3~6人
プレイ時間 15~45分
対象年齢 15歳以上
販売元 ホビージャパン
JANコード 3558380020400
参考価格 3,024円
古代の華麗なドクロと危険なバラに彩られた遊戯、『スカル』は、簡単だが奥の深いゲームです。
必要とされるのは、はったりと、嘘と、バラの存在を暴くこと。
手元にあるのは3枚のバラと1枚のドクロ。
誰かが勝負を始めるまで、プレイヤーは1枚ずつこのカードから好きなカードを出していきます。
出されたカードをある枚数、ドクロをめくらずにめくりきることができると思ったプレイヤーは、その数字を宣言し勝負することができます。
その瞬間から、この『枚数』をより多く言えるかの勝負となります。
他のプレイヤーが下りたとき、もっとも宣言枚数の多いプレイヤーは出されているカードを1枚ずつ、ドクロを出すことなく宣言枚数までめくっていければ1勝です。
はたして、今場に出てるカードの中にドクロはあるのか?
それとも、前のプレイヤーが勝負をすると宣言した数字はこちらをはめるためのワナなのか?
敵を欺き、敵の嘘を見破り、2回の勝負に勝ったプレイヤーが勝者となります。
シンプルで盛り上がる、人気のブラフゲーム『ドクロとバラ』がリメイクされての新発売です!


にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする