七夕の由来や意味は?願い事をするのはなぜ?笹を飾る理由は?

七夕の日には、短冊に願い事を書いて、星にお願い事をしますよね。

どうしてお願い事をするようになったか、知っていますか?

普段、あまり考えることのない、七夕の由来などについて、調べてみました。


七夕の由来や意味は?

七夕は、「たなばた」または「しちせき」と読み、古くから行われている日本のお祭り行事です。
一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにもなっています。

五節句とは、

  • 人日(じんじつ)の節句(1月7日)
  • 上巳(じょうし)の節句(3月3日)
  • 端午(たんご)の節句(5月5日)
  • 七夕(しちせき)の節句(7月7日)
  • 重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)

のことです。

では、七夕は、いつからどのようにして始まったのでしょうか?

七夕の起源には数多く説がありますが、下記の3つの行事が関係しています。

  • 棚機(たなばた)という日本の神事
  • おりひめとひこぼしの伝説
  • 中国から伝来した乞巧奠(きこうでん)という風習

棚機(たなばた)とは?

昔、日本では、

「乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらう」

という禊(みそぎ)の行事がありました。

そのときに着物を織る織り機を「棚機(たなばた)」と呼んでいました。

仏教が伝わると、この禊の行事は、お盆を迎える準備として、7月7日の夜に行われるようになりました。

現在、「七夕」を「たなばた」と当て字で読んでいるのは、ここから来ていると言われています。

おりひめとひこぼしの伝説とは?

おりひめとひこぼしの伝説は、中国が起源とされています。

こと座のベガと呼ばれる「織女星」は縫製の仕事を、
わし座のアルタイルと呼ばれる「牽牛星」は農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

この二つの星は、年に一度、7月7日に、天の川をはさんで、最も光り輝いて見えることから、
この日をめぐりあいの日として、七夕のストーリーが作られました。

乞巧奠(きこうでん)とは?

乞巧奠とは、中国の行事です。

7月7日の織女星にあやかり、

「はた織りや裁縫が上達しますように」

とお祈りをする風習から生まれました。

やがて、はた織りだけではなく、芸事や書道などの上達も願うようになり、
現在では、様々な願い事をする風習が広がりました。


七夕に願い事をするのはなぜ?

元々は、中国の乞巧奠(きこうでん)という行事で、
7月7日の織女星にあやかり、はた織りや裁縫の上達を願っていたものが、
現在になって、様々な願い事をする風習となりました。


七夕に笹を飾る理由は?

笹は、生命力と神秘性を兼ね備えており、昔から神事などに使われてきました。

笹の葉の擦れ合う音は神様を招くとされており、神聖なものとして扱われています。

それで、七夕に笹を飾り、願い事を書いて、笹の葉に吊るすようになりました。


今年の七夕は晴れるでしょうか?

一年に一度のロマンチックな日なので、晴れると良いですね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする