端午の節句の由来や意味は?鯉のぼりを飾るのはなぜ?かしわ餅やちまきを食べる理由は?

5月5日はこどもの日(端午の節句)ですね。

鯉のぼりを飾る家も多いのではないでしょうか。

端午の節句の由来や、鯉のぼりを飾る理由などについて調べてみました。


端午の節句の由来や意味は?

端午の節句は、一年間の重要な節句をあらわす五節句のうちの一つです。

五節句とは、

  • 人日(じんじつ)の節句(1月7日)
  • 上巳(じょうし)の節句(3月3日)
  • 端午(たんご)の節句(5月5日)
  • 七夕(しちせき)の節句(7月7日)
  • 重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)

のことです。

「端午」=「月の初めの午(うま)の日」という意味で、
元々は5月5日というわけではありませんでした。

「(旧暦の)五月」が十二支でいう「午(うま)の月」で、午(ご)と五(ご)の読み方も同じことから、
奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)の日」なので、
「午の月の端の午の日(5月の初めの5の日)」=「5月5日」となりました。

また、5月5日は「こどもの日」でもあります。

こどもの日は、国民の祝日の一つで、
国民の子どもたちが健やかに育つことを願い、
国民全体の祝日として定められました。


端午の節句に鯉のぼりを飾るのはなぜ?

鯉のぼりは、「竜門を登りきった鯉がいたならば、竜になる」

という中国の故事(登竜門)が由来になっており、

男の子の立身出世を願って飾られます。


端午の節句にかしわ餅やちまきを食べる理由は?

端午の節句には、かしわ餅やちまきを食べますよね。

それぞれどういう理由があるのでしょうか。

かしわ餅

柏の葉は、他の新しい葉が生えてくるまで古い葉が落ちないことから、

「子供が産まれるまで親は死なない」=「家系が途絶えない」という子孫繁栄を連想させます。

そのため、かしわ餅を食べて、その子が家を守っていくことを願います。

ちまき(粽)

端午の節句にちまきを食べるのは、元々中国で水神への供物を捧げていた行事が、屈原と言う中国の偉人の命日(五月五日)を弔う際に、米を竹筒に入れたり、笹の葉に包んで汨羅(べきら)の淵に投げ込んだ故事と結びついたのが始まりと言われています。

ちまきを笹の葉に包むことにより、災難や病気などから身を守ってくれる効果があると言われています。


鯉のぼりをモチーフにした、ちらし寿司やケーキはインスタ映えしそうですね。

今年は何を作ろうか、今から楽しみです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする