リフティング上達のための4つのコツと3STEPの練習方法

サッカーの練習方法の一つとして有名なリフティングですが、

なぜリフティングの練習をするのだと思いますか?

手軽にできるから?

集中力を養うことができるから?

確かに、そういった要素もあるとは思いますが、もっと大きな理由があります。

サッカーの基本技術と言われている、

「止める」「運ぶ」「蹴る」

の3つの技術を身につけるのに、最適だからです。

リフティングが出来るようになると、

ボールの芯をとらえる事ができるようになり、

キックやトラップなどのボールコントロールが上達します。

今回は、リフティング上達のための4つのコツと3STEPの練習方法を紹介します。


リフティング上達のための4つのコツ

では、どうすればリフティングが上達するのでしょうか。

リフティング上達のためのコツは4つあります。

コツ1:ボールの中心を蹴ること

蹴る瞬間まで目でしっかりボールを追い、ボールの中心を蹴りましょう。

ボールの中心を蹴れていないと、蹴ったボールが前後左右に回転してしまいます。

余計な回転がかからずに蹴れているのが理想です。

コツ2:ボールと体との距離感を身につけること

ボールを扱いやすい距離を身につけましょう。

目安としては、ボール1個~1個半くらいです。

コツ3:足首を同じ角度に固定して蹴ること

できるだけ足首を同じ角度にして蹴りましょう。

毎回足首の角度が違うと、蹴ったボールが前後左右にずれてしまいます。

コツ4:膝の曲げ伸ばしで蹴ること

足を大きく振るのではなく、膝の曲げ伸ばしで蹴りましょう。

足の力は強いので、大きな動作をしなくても大丈夫です。


リフティング上達のための3STEPの練習方法

次に、リフティングの練習方法です。

3つのSTEPを1つずつクリアしていきます。

※右利きの場合で説明しますので、左利きの場合は左右逆にすればOKです。

STEP1:リフティングを1回する。

※STEP1は難しくないと思いますが、

先ほど挙げた4つのコツを意識しながら取り組んでくださいね。

ボールを手に持った状態から始めて、

「右足でキック」→「手でキャッチ」

を確実に出来るまで繰り返します。

「1回蹴ってキャッチ」が右足で10回連続成功できるようになったら、

「左足でキック」→「手でキャッチ」

もやってみましょう。

「1回蹴ってキャッチ」が左足でも10回連続成功できるようになったら、

STEP1は卒業して、STEP2に進みましょう。

STEP2:リフティングを2回する。

ボールを手に持った状態から始めて、

「右足でキック」→「左足でキック」→「手でキャッチ」

を確実に出来るまで繰り返します。

「2回蹴ってキャッチ」が10回連続成功できるようになったら、

「左足でキック」→「右足でキック」→「手でキャッチ」

もやってみましょう。

「2回蹴ってキャッチ」がどちらの足からでも

10回連続成功できるようになったら、

STEP2は卒業して、STEP3に進みましょう。

STEP3:リフティングを3回する。

これまでと同じ要領で、ボールを手に持った状態から始めて、

「右足でキック」→「左足でキック」→「右足でキック」→「手でキャッチ」

を確実に出来るまで繰り返します。

「3回蹴ってキャッチ」が右足から10回連続成功できるようになったら、

「左足でキック」→「右足でキック」→「左足でキック」→「手でキャッチ」

もやってみましょう。

「3回蹴ってキャッチ」がどちらの足からでも

10回連続成功できるようになったら、

STEP3も卒業です。


STEP3まで出来るようになれば、

50回、100回とすぐに出来るようになります。

4つのコツを忘れる事なく、

記録更新を楽しみながら、練習を続けてくださいね!

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする