ボウリングの初心者がスコアアップするための4つのポイント

ボウリングが上手くなりたいのだけど、何をしたら良いかわからない、

っていう初心者も多いと思います。

今回は、ボウリングでスコアアップするための4つのポイントを紹介します。


ボウリングでスコアアップするための4つのポイント

どうすればボウリングでスコアアップできるのでしょうか。

ボウリングでスコアアップするためのポイントは4つあります。

ポイント1:三角形のマークを狙って投げる

初心者は意外と知らないのですが、

ボウリングでは、ピンを狙って投げるのではなく、

ターゲットスパット(アロー)と呼ばれる三角形のマークを狙って投げます。

右投げの場合、1投目では、

右から2番目のスパットの上をボールが通るように狙いましょう。

左投げの場合は,左右逆で考えてくださいね。

ポイント2:投球フォームを意識する

腕は90度より曲げず、振り子のイメージでまっすぐ投げましょう。

ポイント3:投げやすいボールを選ぶ

ハウスボール(=ボウリング場で借りられるボール)の選び方で、

最も大事なのは、親指がどれだけ穴にうまくフィットするかです。

ボールの重さの目安としては、

男性は12~15ポンド、
女性で力のない人は7、8ポンド、
女性で力がある人は9~11ポンド、

といった感じです。

ハウスボールを借りる場合だと、ハウスボールの中から選ぶしかないですが、

マイボールだと、指穴を自分の指に合わせてあるので、とても投げやすいです。

ポイント4:マイシューズを買う

ハウスシューズ(=ボウリング場で借りられるシューズ)は、

両足の裏が滑る素材でできているので、

床を蹴る動作の際に、蹴り足が滑ってしまいます。

(右投げ用の)マイシューズだと、

左足の裏は滑りやすく、右足の裏は滑りにくくなっています。

蹴り足が滑ってしまうことがなくなるので、

スムーズに力強いボールを投げられるようになります。

シューズの値段ですが、入門用のものでしたら、3000円あればお釣りがきます。

ハウスシューズのレンタルが大体300円前後なので、

10回レンタルするくらいの値段で手に入りますね。

誰がはいたかわからないシューズよりもきれいで安心です。


これらの4つのポイントを頭に入れておけば、

何も知らなかった時に比べて、断然スコアが出やすいはずです。

これからもボウリングを楽しんでくださいね!

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする