PM2.5の飛来時期はいつごろ?原因と対策は?マスクだけで大丈夫?

PM2.5による大気汚染問題、ニュースでもよく取り上げられていますね。

健康への影響が心配ですが、PM2.5対策はマスクだけで大丈夫なのでしょうか?

PM2.5について調べてみました。


PM2.5とは?

PM2.5とは、粒径2.5μm(マイクロメートル)以下の粒子状物質のことです。

※1マイクロメートル(μm)は、1ミリメートル(mm)の1000分の1の大きさです。

粒径2.5μmというのは、人間の髪の毛の太さの30分の1程度の大きさで、花粉よりも小さいです。

この粒子状物質のことをPM2.5と呼んでいます。

また、PM2.5は、単一の化学物質ではなく、

炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主成分とする様々な物質の混合物です。


PM2.5が飛来する時期はいつごろ?

PM2.5は大気中に存在するものですが、日本では、春先が最も多いとされています。

春先は、中国大陸上空で発生したPM2.5が偏西風に乗って、

風下である日本に飛来するため、PM2.5が多く観測されます。


PM2.5が発生する原因は?

物の燃焼などによって、PM2.5が直接発生するケース

一例としては、下記のようなものがあります。

  • ボイラーや焼却炉
  • 鉱物の堆積場
  • 自動車、船舶、航空機
  • 土壌、海洋、火山の噴煙
  • 喫煙や調理、ストーブの使用

様々な物質の大気中での化学反応によって、PM2.5が生成されるケース

硫黄酸化物、窒素酸化物、揮発性有機化合物などのガス状物質が、

大気中で光やオゾンと反応し、PM2.5が生成されます。


PM2.5対策はマスクだけで大丈夫?

PM2.5を吸い込まないように、外出時には必ずマスクを着用しましょう。

PM2.5に対応したマスクなら大丈夫ですが、

普通のマスクでは、繊維をすり抜けて、PM2.5を吸い込んでしまいます。

PM2.5は粒径が小さいので、肺の奥深くまで入り込みやすく、

ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患、循環器系疾患などのリスクを上昇させます。

呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、お年寄り、子供などは影響を受けやすいので、注意しましょう。

不要不急の外出を控えることや、PM2.5に対応した空気清浄機を利用することも対策になります。


大気汚染問題の解決は簡単ではないですが、

各自でできる限りの対策をして、できるだけ影響を受けないようにしたいものですね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする