赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?日焼け止めを選ぶポイントは?

暖かくなってくると、赤ちゃんとお散歩する機会も増えますよね。

色々変わる景色や人の姿は、赤ちゃんの成長にとっても良い刺激になります。

でも、赤ちゃんとお散歩の際には、紫外線の対策も忘れてはいけません。

赤ちゃんの紫外線対策について、調べてみました。


赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?

紫外線対策は、生まれてすぐの赤ちゃんにも必要です。

赤ちゃんの肌は、大人の肌の半分くらいの厚さしかないので、

大人よりも紫外線の影響を受けやすいです。

ただし、生まれたての赤ちゃんの肌は未熟で、アレルギーを起こす可能性があるので、

生後6ヶ月未満の赤ちゃんは、日焼け止めなどを塗らずに紫外線対策をしましょう。


赤ちゃんの日焼け止めを選ぶポイントは?

ベビー用品を選ぶ

赤ちゃんの肌は、大人の肌の半分くらいの厚さしかないので、デリケートです。

大人と同じ日焼け止めを使うと、肌にかかる負担が大きくなってしまうので、

ベビー用品を選びましょう。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)を選ぶ

日焼け止めには、「紫外線吸収剤(ケミカル)」と「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」の2種類があります。

紫外線吸収剤(ケミカル)は赤ちゃんの肌に負担をかけてしまうので、

紫外線散乱剤(ノンケミカル)を選びましょう。

石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを選ぶ際には、石鹸で落とせるものを選びましょう。

日焼け止めが肌に残ったままだと、肌荒れの原因になってしまいます。

ベビー用石鹸で洗い流してあげましょう。


赤ちゃんの紫外線対策グッズのおすすめは?

生後6ヶ月未満の赤ちゃんは、紫外線対策グッズを使って紫外線対策をしましょう。

ベビーカーに日よけをする

紫外線対策を施してある素材のものが安心です。
どの角度からも日差しをカットできるものが良いですね。
手持ちのベビーカーに取り付けられるかどうかもチェックしておきましょう。

日傘を使う

抱っこひもを使って外出するときに便利です。
帽子と組み合わせて使えます。

帽子をかぶる

つばが広く、深くかぶれるものが良いです。
頭皮のケアにもなるので、外出時には必須アイテムです。

上着を着る

肌の露出をなくすことも、紫外線対策になります。

赤ちゃん用サングラスをする

目は、肌に守られてない部分なので、サングラスで対策しましょう。

赤ちゃん用はやわらかいバンドになっているので、痛くなりにくいです。


赤ちゃんは、言葉で伝えられないので、お母さんがしっかりケアしてあげてくださいね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする