ベビーカーの日よけの種類と特徴は?おすすめの便利グッズも紹介します

ベビーカーの日よけって種類が色々あって、選ぶのに迷ってしまいますよね。

今回は、ベビーカーの日よけの種類と特徴を調べてみました。


ベビーカーの日よけの種類と特徴

サンシェイドタイプ

  • 取り付けが簡単
  • サンシェイドタイプの日よけは、取り付けが簡単です。
    赤ちゃんとの外出は、準備に時間がかかることが多いので、簡単に取り付けできるのはありがたいですね。

  • 角度を調節できる
  • サンシェイドタイプの日よけなら、日差しの角度に合わせて角度を調節できます。
    赤ちゃんのお昼寝タイムには、ベビーカーをすっぽりと覆うようにセットすると、快適な空間が作れます。

  • 強い日差しから赤ちゃんを守る
  • サンシェイドタイプの日よけは、UVカット効果が高いです。
    真夏など強い日差しが気になるときや、長い時間、外にいるときに便利です。

ネットタイプ

  • 紫外線からも虫からも守ることができる
  • ネットタイプの日よけは、すっぽりとベビーカーにかぶせて使うので、
    紫外線を防ぐだけでなく、虫よけとしても活躍してくれます。

  • 通気性が良い
  • ネットタイプの日よけは、通気性が良いので、熱がこもってしまう心配もありません。

  • 赤ちゃんの視線をさえぎらない
  • ネットタイプの日よけは、赤ちゃんの視線をさえぎりません。

    色々変わる景色や人の姿を見るのは、赤ちゃんの成長にとっても良い刺激になりますね。

ブランケットタイプ

  • 日差しからも冷房からも守ることができる
  • ブランケットタイプの日よけは、日差しを防ぐだけでなく、冷房による冷えも防いでくれます。

  • 抱っこひもやチャイルドシートにも使える
  • ブランケットタイプの日よけは、抱っこひもでの外出や、チャイルドシートにも使えます。
    ひざ掛けや敷きものとしても使えるので、便利ですね。

  • 一年中使える
  • ブランケットタイプの日よけは、日差しが気になる季節だけでなく、
    肌寒い日の赤ちゃんの防寒など、一年中使うことができます。

ベビーカーの日よけの種類と特徴をまとめました。

手持ちのベビーカーに取り付けが可能かどうかも、忘れずに確認してくださいね。


ベビーカーグッズの種類と特徴

ベビーカークリップ

ベビーカークリップは、ベビーカーに乗った赤ちゃんに掛けているブランケットが、ずり落ちてしまわないようにするクリップです。
ブランケットの両端をクリップで挟むことにより、ブランケットが落ちないようになっています。

ベビーカーレインカバー

ベビーカーレインカバーは、ベビーカーで外出していて雨が降ってきた時、ベビーカーにかぶせて、赤ちゃんが濡れないようにするためのカバーです。
雨から守ってくれるだけでなく、寒さや排気ガスなどから守ってくれる高機能なものもあります。

ベビーカーシート

ベビーカーシートは、汗などの汚れからベビーカーを守ることができる、ベビーカーに敷くシートです。
暑さ対策で、保冷剤を入れられるようになっているものもあります。

寒い冬には防寒対策としてもマット&シートを使用することができます。

ベビーカーハンドルカバー

ベビーカーハンドルカバーは、ベビーカーのハンドル部分に付けるカバーです。
手汗や汚れを気にせずに、ベビーカーを押すことができます。
カバーは、簡単に取り外しができて、洗うこともできるので、清潔です。

ベビーカードリンクホルダー

ベビーカードリンクホルダーは、ペットボトルなどを入れておけるドリンクホルダーです。
バッグの中からペットボトルを出し入れする手間を省くことができます。
紙コップを入れることができるものもあります。

ベビーカーフック

ベビーカーフックは、買い物袋などの荷物を楽に持ち運ぶことができる、ベビーカーにかけるフックです。
ベビーカーの荷物入れに荷物が入りきらないような時に重宝します。


色々便利なグッズがあるものですね。

それぞれのライフスタイルに合わせて、安全で使いやすいものが見つかると良いですね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする